実は名作ぞろい!オススメの中国恋愛映画をご紹介♡

中国映画 恋愛

同じアジアの国なだけあって、中国の映画は日本人にも親しみやすい作品が多くあります。今回は、そんな中国映画のなかでもラブストーリーにしぼってご紹介♡

恋愛映画でときめきたい人はぜひチェックしてくださいね!

恋するシェフの最強レシピ

あらすじ

ある名門ホテルの買収に成功した実業家のルー・ジン(金城 武)は、仕事にも食事にも常にパーフェクトを求める男。

世界中の絶品料理を知り尽くした彼にとって、このホテルの料理長が作るメニューはどれも特別に感動できるものではなかった。しかし、自由な発想で斬新なレシピを編みだす見習いシェフのションナン(チョウ・ドンユイ)だけは、ジンの舌を満足させることに成功する。

ジンがテーマを決めて料理をオーダーし、ションナンがさまざまな料理を作り出していくという“対決”を繰り広げる二人。 料理を通じたやりとりを通して、ジンは顔を見たことがないションナンに会ってみたいと思い始める。

しかしそんな二人の前に、ションナンの才能を超える美人シェフ(リン・チーリン)が現れてしまう……。

「恋するシェフの最強レシピ」は、王道のラブコメディ作品です。

キュンとできるのはもちろん、作品の所々にあるコミカルなシーンにはクスッと笑わせられます♪

またションナンが作るおいしそうな料理がたくさん登場するので、見た目も楽しい映画です。見ているとお腹が空いてくるので、ごはんをしっかり食べたあとに見ましょう◎

僕らの先にある道

画像:Netflixより
あらすじ

2007年、旧暦の大晦日に長距離列車で出会ったジエンチン(ジン・ボーラン)とシャオシャオ(チョウ・ドンユイ)。

二人は中国の大都会・北京で暮らしながら、それぞれの夢に向かって進んでいく。友人として仲良くしていた二人だが、次第に惹かれ合い恋愛関係に発展する。

甘く楽しい時間を過ごしていたが、徐々にすれ違いが多くなり二人は別れることを決めた。

そこから別々の道を歩いていた彼らが、初めての出会いから10年後に偶然再会する。

監督のレネ・リウ自身が執筆したエッセイを映画化した作品で、中国では大ヒットを記録しました。

時代や都会に翻弄されながらも、恋をしたり夢に向かって進んだりする主人公たちの姿には、自分の経験と重ね合わせる人も多いのではないでしょうか。

自分自身の人生について、そして恋人や家族についてじっくり考えたいときにぜひ見てほしい作品です!

更年奇的な彼女

あらすじ

恋人のリウ・チョンとの結婚を夢見る、女子大生のチー・ジア。大学の卒業式にウェディングドレスで出席し、意を決して恋人にプロポーズするが断られてしまう。

プロポーズを断られたトラウマを抱えながら26歳になったチー・ジアは、なんと「若年性更年期」を患うことに。

そんなある日、ホームレスに絡まれているところを冴えない大学の同級生ユアン・シャオオウに助けられる。 「帰るところがない…」と話すユアンを助けるべく、彼との同居生活を始めるチー・ジア。

そんなチー・ジアのもとに、かつての恋人であるリウ・チョンから結婚式の招待状が届いて……。

「更年奇的な彼女」は、「猟奇的な彼女(韓国)」「僕の彼女はサイボーグ(日本)」に続く、クァク・ジェヨン監督による”アジアの彼女三部作”の最終作。

アジアの恋愛映画が好きな人にはたまらない、ときめき感満載の映画です♡

チャイタビ

主演女優のジョウ・シュンがこの映画の撮影後に、映画と同様の逆プロポーズを行い、めでたく結婚したそう! そのことから中国では「結婚できる映画」だと言われています。

結婚やプロポーズに悩んでいる人にこそ見てほしい映画ですね♪日本語吹き替え版の声優はあの藤原紀香さんということで、そこも大きな見どころのひとつ♡

ラスト、コーション

あらすじ

作品の舞台は、1942年日本軍による事実上の占領下となっていた香港と上海。

ある日、抗日運動をしている女性スパイ・ワン(タン・ウェイ)は、日本軍と親しい仲にある特務機関のリーダー・イー(トニー・レオン)の暗殺を命令される。

さまざまな特訓を受けたワンは、その美しさを武器にイーに接触することに成功。しかし、何度も逢瀬を重ねるうちに、すさまじい孤独と苦悩を抱えているイーに惹かれていってしまう。

スパイとして命がけの使命を持ちながら、暗殺のターゲットであるイーを愛してしまったワンは……。

ちょっぴり刺激的なラブストーリーが見たい人にオススメの作品

禁断の愛と知りながらも惹かれ合う二人を見ていると、ドキドキが止まらなくなります…!

特に二人の官能的なベッドシーンは美しくも儚く、見とれてしまう人も続出。部屋を暗くし、映画に没頭できる環境を整えてから見るのがオススメです◎

中国のラブストーリーに胸キュン♡しよう

今回ご紹介した恋愛映画は、どれも作品のテイストが異なるものばかり。

「思いっきりキュンキュンしたい」「切ない恋愛映画を見て泣きたい」など、そのときの気分によって作品をチョイスしましょう!

次の週末は、中国の恋愛映画で胸キュンしてみてはいかがでしょうか♡

シェアしてね♪