中国旅行・女子旅の必需品!持ち物チェックリスト18個│2020年版

中国旅行

夜景が美しい都会や長い歴史を誇る世界遺産、最先端技術によるショッピング体験 、さらにはディズニーランドまで楽しめる中国は、いま大注目の旅行先です。

今回は、そんな中国旅行で持っていきたいマストアイテムをご紹介します!「中国旅行の持ち物が知りたい人」「中国に行く予定の人」は要チェックです◎

1.パスポート

パスポート

パスポートは、海外旅行をするための必需品。

パスポートの有効残存期間は、中国入国時に6ヶ月以上あるのが望ましいです。まだパスポートを持っていない人は、なるべく早く発行手続きをしておきましょう。

中国への滞在期間が15日以内のときには、基本的にビザは不要。16日以上の滞在を予定している人は、観光ビザを取得してくださいね。

また、万が一パスポートを紛失したときや、ホテルなどで写しを求められたときのために、パスポートのコピーを取っておくと安心です◎

2.クレジットカード

クレジットカード

キャッシュレス化が進んでいる中国では、スマートフォンでのQRコード決済が主流。逆に、クレジットカードが使えないところが多いです

しかし、北京や上海などの観光客が多いところはクレジットカードが使えるところもあります。中国に行くときには、最低でも1枚はクレジットカードを持っていくようにしましょう!

チャイタビスタッフ

中国で持っていくクレジットカードは、VISAカードがオススメですが、可能であれば銀聯カードを持っておくと安心です。

3.現金(日本円、中国元)

中国ではキャッシュレス化が進んでいますが、旅行中には現金を使う場面もあります。必要最低限の現金は持っていくようにしましょう。

ただし中国の空港は、両替手数料が高額なので注意です。少額のお金なら、日本の空港で両替するほうがお得になる場合も。また、空港で英語が通じないケースもや、かなり待たされることもあるようです。

不安な方は、事前に日本で両替しておくか、クレジットカードのキャッシングで利用するのがオススメ◎

4.スマートフォン

ホテルへの道順を調べたり、友達との連絡手段に使ったりとスマートフォンは旅行の必需品です。

ただし、インターネット規制がある中国では、日本で使っているサイトやSNSは使用できないので注意しましょう。

中国でも日本と同じようにインターネットを使いたい場合は、日本からポケットWi-Fiを持っていくのがオススメ。

ポケットWi-Fiのレンタル会社によって、料金や使える通信量が変わってくるので、自分に合ったものを選ぶといいですね。

5.航空券

飛行機

航空券は海外旅行のマストアイテム。往復の航空券をしっかり持っていきましょう。

スマホの画面を見せるだけでOKな電子チケットも増えていますが、不安な人は紙に印刷しておくと安心です。

6.海外旅行保険証

海外旅行に行くときには、海外旅行保険に必ず入っておきましょう。

現地で盗難に合ったときや、急なケガや病気で病院に行ったときなどに、補償を受けられます。海外旅行保険証がある場合は必ず持っていくようにしてくださいね。

またクレジットカードのなかには、海外旅行保険が自動で付いてくるものもあります。

旅行前に「手持ちのクレジットカードに海外旅行保険が付いているか」を確認しておくといいですね♪

7.変圧器

ID類やお金の次に重要なのが変圧器です。

普段日本に住んでる方なら意識したことはないと思いますが、日本の標準電圧100Vというのは、世界中を見渡してもレアな低電圧です。

一方で中国の標準電圧は220V。日本から持ち込んだ電化製品をそのまま中国の電源に繋げた場合、電化製品が壊れてしまう恐れがあります。さらに火事や事故を引き起こすリスクの元になるので、「海外対応」の表記がない家電を中国で使いたい時は必ず変圧器を購入しましょう。

チャイタビスタッフ

スマホやPCの充電器は世界規格の100~240V対応が殆どなので、まず心配ないのですが、日本から持っていくドライヤー・美顔器などの美容機器類が100Vなのか出発前にチェックしてくださいね。

変圧器と一緒に注意したいのは、プラグの形。幸い中国は日本と同じプラグの形を使っているので、こちらは特に用意しなくて大丈夫☆

カバンに余裕ある人はモバイルバッテリーを持っていくと便利です。

8.緊急連絡先を控えたメモ

メモ

日本の緊急連絡先や旅行会社、日本大使館の電話番号などは紙に書いて控えておくと安心。

万が一のトラブルに備えて、しっかりと準備しておきましょう。中国から日本への電話のかけ方などもメモしておくといいですね。

9.ツアーに関する書類やチケット

ツアーに関する書類やチケットは、きちんと保管しておきましょう。

旅行のスケジュールやホテルの場所などをすぐ確認できるように、手持ちバッグに入れておくのがオススメです。

10.着替え

旅行かばん

旅をする季節に合った着替えは、中国旅行のマストアイテム。

脱ぎ着しやすい上着を持っていくと、急な気温の変化に対応できますよ。「中国で買った洋服を着たい」と思っている人は、最低限の着替えのみ持っていき、現地で洋服を買うのもアリです♡

チャイタビスタッフ

気温が高い地域に訪れる方は日焼け防止グッズやサングラスもお忘れずに!

11.常備薬とアメニティ

持病がある人などは、普段使っている常備薬を忘れないようにしましょう。またお腹の弱い人は、普段と違う中国の食事でお腹を壊すことも。

不安な人は、整腸剤や下痢止めを多めに持っていくと安心です◎

アメニティでオススメしたいのは洗い流さないトリートメント。

というのも中国の水道水は硬水。シャワーを浴びたとき、髪や肌がパサパサに乾燥してしまうことがあります。

せっかく綺麗に写真撮りたいのに髪が痛んでは気分が上がらないですよね。シャンプー類はホテル備え付けのものが用意されていることもありますが、ご自身でシャンプーや洗い流さないトリートメントを持っていくことをオススメします!

チャイタビスタッフ

中国の水道水は絶対に飲んではいけません!飲用レベルに濾過されていないので、ホテルの部屋などではペットボトルのミネラルウォーターがよく用意されています。

12.コンタクト・メガネ・目薬

目が悪い人には、コンタクトやメガネは必須アイテム。コンタクトやメガネは、日本で使っているものを持っていきましょう。

コンタクトなら旅行用に使い捨てできるワンデーのコンタクトがオススメです。

チャイタビスタッフ

中国人はあまり目薬を使う習慣がないので、薬局で売ってる所も少ないです。ドライアイの方はいつも使ってる目薬を携帯しておきましょう。

13.ポケットティッシュ

中国では、公衆トイレなどにトイレットペーパーがないこともあります。

チャイタビスタッフ

たまに公衆トイレの入り口にトイレットペッパーが山積みになってたり、大きい1ロールが無造作に置かれてる場合があります。これは自分の使う分だけ巻き取って個室に入ろうという意味です。

観光中にトイレに行きたくなったときのためにも、常にポケットティッシュを持っておくといいでしょう。

トイレ以外でもポケットティッシュを使う場面が多いので、いつもより多めにポケットティッシュを持っていくのがオススメです!

14.筆記用具

海外旅行では、なにかと筆記用具を使う場面が多くあります。最低でもボールペンを1本持っていくのがオススメです◎

チャイタビスタッフ

飛行機に乗っている間に出入国カードが配られるので、筆記用具を持っていると着陸までに申告書類の記入を終わらせることができます。入国手続きカウンターで借りたボールペンで書いてる合間に長蛇の列ができて…なんてことがないように、スマートに入国審査を済ませましょう☆

また紙とペンがあれば、覚えておきたい地名や料理の名前を事前にメモしたり、現地の人と簡単なコミュニケーションを取るのにも便利。

15.カメラ

スマートフォンのカメラでも十分キレイですが、旅の思い出をより鮮明に残したいなら、ミラーレス一眼や一眼レフを持っていくのがオススメ。

美しい景色を写真に残しておけば、帰国してからも旅の余韻を楽しめます♪

チャイタビスタッフ

自撮り棒は観光地によってはNGなところもあるので、持っていくべきか要検討。

16.マスク

時期や地域によっては、PM2.5対策が必要なこともあります。

中国の大気汚染が心配な人は、日本からマスクを持参しましょう。マスクを忘れてしまった場合は、現地でも購入できます。

17.除菌グッズ

年々キレイになっている中国ですが、日本と比べると衛生環境に問題がある地域なども多くあります。

除菌ジェルやウェットティッシュを持っていくと、手を拭いたり汚れた場所をキレイにしたりできて便利です◎

チャイタビスタッフ

中国に限ったことではないですが、歴史系の観光スポットにちゃんとした休憩所が用意されていることは少ないので、ハンカチを広げて花壇や階段に座って休む人がほとんどです。こういう場面でのウェットティッシュはすごく役に立ちますね。

また屋台などで食事をするときには、しっかり手を除菌してから食べましょう。

18.ガイドブック

現地の観光情報をすぐに調べられる、ガイドブックを持っていくのもオススメ。

「なるべく荷物を軽くしたい」「かさばるガイドブックは持ちたくない」と思っている人は、Kindleなどの電子書籍でガイドブックを購入するといいでしょう。

中国でのお買い物はアリペイの“Tour Pass”を要チェック

最後に、キャッシュレス化がかなり進んでいる中国の攻略法として紹介したい電子マネーサービスがあります。アリペイのTour Passという機能です。

中国で電子マネー(アリペイ、Wechatペイが一般的)を使用するには中国の銀行口座から、人民元の形でチャージする必要がありましたが、アリペイのTour Passは日本のクレジットカードからチャージすることを可能にたサービス。

名前・パスポート番号・生年月日・パスポートの顔写真で本人確認をした後、上海銀行の為替レートを介して最大2000 人民元 (2020年6月時点で約3万円)のチャージができます。

チャイタビスタッフ

Tour Passの残高には有効期限がついており、90日間内に消費できなかった残高は自動でクレジットカードに返金されるシステムになっています。

使いきれない心配があるからいくらチャージすればいいか分からない…という旅行者向けの、とても親切なサービス。出国するまでに登録しておくと、タクシーや屋台でスムーズな買い物ができてより楽しい旅体験になります★

マストアイテムを持って、快適な旅行を♪

中国と聞けば辛い料理を想像して何だか馴染めないと思う方も、日本でよく食べられている中華が四川料理という特に辛いジャンルの料理なだけで、本来中国には数多くの料理ジャンルが存在します。旅行にグルメを期待される方にとってはまさに、行けば行くほどハマる無限の可能性を提供してくれる国なんです♩

今回ご紹介したマストアイテムを持っていけば、初めての中国旅行でも安心です。

中国に行く予定がある人は、この記事を参考にしながらパッキングをしてみてくださいね!

シェアしてね♪