【一度は行きたい】中国の絶景スポット7選

広大な国土を持つ中国。日本の25倍もの面積を持つ中国には、50件以上の世界遺産があります。世界遺産以外にも一生に一度は行きたいと言われる絶景がたくさん。今回は、中国のSNSで話題になっている若者に人気の絶景スポットをご紹介!

【四川】九寨溝

九寨溝は中国四川省北部にある、ユネスコの世界遺産(自然遺産)にも登録されている絶景スポット。

九寨溝で観光客が行くことができる「長海」は標高が約3100mもあります。

春はあたり一面に緑が萌え、夏は日差しにきらめく滝が美しく、秋は紅葉に染まる山々と湖水の見事なコントラスト、冬は湖のコバルトカラーがさらに映えます。九寨溝の四季折々に変化する景色は、多くの人々を魅了しています。

九寨溝の見どころはなんと言っても緑が美しい初夏から見事な紅葉が楽しめる秋までがベストシーズンです。

九寨溝の基本情報

[住所]中華人民共和国 四川省 アバ 九寨溝県

[営業時間]4/1-11/15 営業 07:30-17:00 、11/16-3/31 営業 08:30-17:00

[拝観料]4/1-11/15 169元、11/16-3/31 80元

【湖南】張家界市天門山国家森林公園

張家界市は中国北西部の湖南省にある都市で、名高い武陵源自然風景区があります。

この自然保護区では、200メートルを超える何千もの石柱がそびえ立つ独特の景観や、鍾乳石や石筍で覆われた洞窟を見ることができます。

天門洞は巨大な洞窟で、よく霧で包まれます。天門洞へと続く階段を登ると、天国へ昇っているような気分に。タイミングがあえばこんな素敵な写真も撮れます。

武陵源には森林、河川、滝もあり、絶滅危惧種の動植物も生息しています。

天門山の四季は冬と春しかなく、昼間と夜の温度差は15℃~25℃位で、平均気温は市区より10℃ほど低くなっています。夏は避暑にいいですが、冬は防寒対策をしっかりして行きましょう。

世界一の長さを誇るロープウェイ。高さは1279メートルなので、高所恐怖症の方は少し怖いかもしれませんね!

張家界市天門山国家森林公園の基本情報

[住所]中華人民共和国 張家界市 永定区 天門山
[営業時間]3-11月 8:00-18:00 最終受付16:30
      12-2月 8:30-18:00 最終受付16:00
[休日]なし
[拝観料]258元 ※身長130以下6歳以下の子供は無料
[アクセス]バス「天门山下」駅

【チベット自治区】ポタラ宮(西藏布达拉宫)

標高3700メートルに位置するポタラ宮は、全長約400メートル、建築面積1万3000㎡という、建物単体としては世界最大級の建築物。

引用:RED

およそ1000もの部屋があり、数多くの壁画、霊塔、彫刻、塑像をなど、チベット芸術の宝庫です。

ポタラという名前は、観音菩薩が住むと言われる、補陀落のサンスクリット語名「ポータラカ」から来ています。仏教信者にとっては最も天に近い聖地です。

世界遺産にも登録されている場所で、チベット仏教の信者なら一生に一度はここを訪れるといわれていますが、信者ではない人でもこの絶景は必見です。

ポタラ宮の基本情報

[住所]チベット自治区拉薩市城関区北京中路35号
[営業時間]9:30〜16:00 ※入場は閉門1時間前まで
[休日]なし
[拝観料]5月1日~10月31日 200元;11月1日~翌年4月30日 100元。
身長120以下無料
[アクセス]バス8路「药王山农贸市场」駅

【安徽省】黄山景勝地

黄山(こうざん)は、中国・安徽省にある景勝地。

仙人が住んでいそうな雰囲気から、昔から「黄山を見ずして、山を見たというなかれ」と言われ、数多くの人が訪れていました。絵画や詩のテーマともされたことも。

1990年にユネスコの世界遺産に指定され 、2004年に同じくユネスコの「世界ジオパーク」登録。2018年にはユネスコの「生物圏保護区」(人間と生物圏計画)登録もされました。

あの有名な映画「アバター」の山のモデルにもなりました。


漢詩や水墨山水画でもよく描かれていたので、みなさんも一度は美術や国語の教科書で見たことがあるのではないでしょうか?

黄山の基本情報

[住所]黄山市黄山区汤口镇
[営業時間]3/2-10/31 06:20-17:30(平日)06:00-17:30(土日)
      11/1-3/1 07:20-16:30
[休日]なし
[拝観料]1月21日~12月19日 190元
     12月20~1月20日  150元

【北京】八達嶺/万里の長城(八达岭万里长城)

日本人に「中国の観光地は?」と聞くと一番最初に思いつくのが万里の長城ではないでしょうか?

ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されています。万里の長城にはさまざまなエリアがありますが、その中でも八達嶺は最も人気な場所。

中国でも屈指の観光スポットのため、国内の観光客も多いです。中国の祝日を避けて訪問するのおすすめ!

八達嶺/万里の長城の基本情報

[住所]北京市延庆区八达岭镇八达岭长城内
[営業時間]7:30~18:00  (2021年3月現在はコロナの影響で9:00-16:00になります)
[休日]なし
[拝観料]【4月1日~10月31日】大人40元 6〜18才未成年20元 6才以下・身長120以下無料
   【11月1日~翌年3月31日】大人35元 6〜18才未成年17.5元 6才以下・身長120以下無料
[アクセス]北京北駅から新幹線で八達嶺長城駅
      バス877路 「八达岭长城」駅まで

新幹線の本数とチケットが少ないため、事前予約をしておきましょう。中国語ができない場合は、ツアーに参加するのがおすすめです!

【西安】秦始皇兵馬俑博物館 (秦始皇兵马俑博物馆)

西安で人気の博物館、「秦始皇兵馬俑博物館」。文化遺産を保護するため、秦始皇帝陵の中心は未だに発掘されていません。


古代中国の俑(死者といっしょに埋葬した人形)は秦始皇帝陵発掘され、その数なんと8000体以上。その顔はひとつひとう全部違うものです。顔だけでなく、服装や髪形、耳の形も違い、靴の裏面まで細かく作られているので見どころたっぷり。

人形以外にも、馬や戦車などもたくさんあります。

元々、俑には華やかな色がついていたのですが、発掘当時の技術の問題で、すぐに酸化され、今の灰色っぽい色になってしまいました。

秦始皇兵馬俑博物館の基本情報

[住所]西安市临潼区秦陵北路
[営業時間]3/16~11/15 8:30~17:00
      11/16~3/15 8:30~16:30
[拝観料]120元(事前予約するのがおすすめ)
[アクセス]バス游5(306)路,307路、914路,915路「兵马俑」駅

【広西】桂林漓江


中国でもっとも美しい地域と言われている桂林漓江

中国では「桂林山水甲天下」(桂林山水は天下に甲たり)という言葉があります。「桂林の山水は天下一」という意味で、それほど評価が高いエリアです。

引用:RED

漓江の両岸には、色々な地形をした山が見られます。その中で最も代表的なものが、九馬画山黄布倒影です。中国のお札の20元札にも描かれているほど。

遊覧船で漓江くだりができます。中国の山水絵にいる気分を味わえますよ。

桂林漓江の基本情報

[住所]广西壮族自治区桂林市灵川县X092(桂磨路)
[営業時間]09:00-15:00
[休日]なし
[拝観料]船によって価格変わります。300元前後

外国人観光客が行くにはなかなか行きづらい場所なので、ツアーを利用するのがおすすめです。

シェアしてね♪